【ご報告】京都市立芸術大学の若きアーティストら約140名が創作活動を実施

2024年5月21日に、京都市立芸術大学の学生さんたち約140人が、ことすにて、プラお化け/妖怪をテーマに約70作品を創作してくださいました。

午前中に、あうる京北にて、総合地球環境学研究所の浅利美鈴教授、同スタッフ/美術作家とだまきこさん、京都超SDGsコンソーシアム事務局長の光本年男氏、京都大学の安藤悠太特定助教らによる講義を受けた後、午後から、ことすに移動。ウォークスルーでは、各所で歓声があがりました。その後、いよいよ創作活動!

お題は「プラスチックとの持続可能な関係性を考えるためのプラお化け/妖怪」の創作。
90分という限られた時間の中でしたが、ことす内を自由に動き回りながらの創作活動は、とても楽しそうでした。

中でも、学生さんたちの人気を博したのは、ナカダイさんの「こと:ファクトリー」。見たことのない素材に大興奮でした。

作品は、しばらく仮置きし、ブラシュアップした後、ことすのテーマ展の一部として、活用予定です。

ご覧になりたい方は、次までお問合せください。
mezase530@gmail.com

最新の記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 9月13日~30日は京北から生中継!今日も明日もSDGs!

  2. 京都生協様 コラボ ワークショップ開催のご報告

  3. 「めぐる写真撮影会」 毎月第4土曜 めぐる市にて開催!

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP